FC2ブログ
 

佐伯香也子のブログ

SM秋冬川柳

額ずけば一夜ののあがりけり

 自由意思もたぬしあわせ冬蛹

魔界へと連れ立ってゆく主従かな

 王の滓舌先ですぐになる

目隠しで花芽が三つとがりけり



縛られること包まれること生きること

 着けられしは背骨ごと貫けり

振り向けばの先に太陽神

 手のひらに落ち葉冷たき散歩かな

首輪引く主(ぬし)はアリアを口ずさむ


スポンサーサイト



PageTop