佐伯香也子のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ペイン・クリニック」シリーズ2冊

M女性が熱望する痛みとか拘束感とか屈辱感を、安全に与えてくれる場所があったらいいなという思いつきから生まれたシリーズで、初めて書いたのは6〜7年前のことだ。

「ファイル1若菜」「ファイル2詩穂」は、続けて一気に書いた。
その後何度か手を入れ、今の形ができあがった。

M女性の希望やその理由をじっくりと聞いてくれて、お医者さんが患者を治療するように、自分の欲望抜きで100%願いを叶えてくれるS男性というのは理想だと思う。
だからこそ、そう簡単には出会えない。

じゃあ、せめて小説の中でそれをやっちゃえというのがコンセプトだ。


「若菜」は、規則の厳しい女学校で、針によるきついお仕置きを受けるという妄想をずっと抱いてきた、可愛らしい大学生である。
知的で優しい、経験豊富なドクター堂島が、彼女の妄想以上にしっかりと夢を実現してくれる。
未経験だから生まれる不安や、突拍子もない妄想を、初々しく描いてみた。

「詩穂」は、世界中を飛び回る、ガラス細工のような繊細な美しさを持った画商である。
知的で成熟した女性というのは、男性への要求が厳しい。従って、なかなか自分を預けるに足る男性に出会えない。
そこで「ペイン・クリニック」に通い始めるのだが、彼女の妄想は「専制君主によって拷問される奴隷」だった。
威厳ある風貌のドクター不動は、彼女の思い描く世界の君主像を見事に体現してくれる。
鞭で全身を打たれたうえに、焼きごてを体中に押し当てられた詩穂は、次第に陶酔してゆく。
「大人の女性だったらこうよね」という雰囲気を、ふんだんに込めた。

「若菜」はSM同人誌『イシスの裏庭』に掲載したものを、また少し改変してある。
「詩穂」は、まだどこにも載せていない眠っていた作品で、本邦初公開になる。

暗黒少女絵画の第一人者・古川沙織さんによる淫靡で華麗な表紙絵も、大いにお楽しみいただければと思う。
今回も制作の二木寸志さんが、大変素晴らしいセンスで表紙を作ってくださっている。







スポンサーサイト

PageTop

紙の本になって販売

昨年11月に行われたグループ展「少女地獄」で販売するため、電子で出ている『水の神殿』と『一ヶ崎 小暮医院』を紙の本にした。
それを今、飯田橋の風俗資料館で通販していただいている。

日本画家の桑原聖美さん(『水の神殿』)と人気イラストレーターの古川沙織さん(『一ヶ崎 小暮医院』)の表紙が、それはそれは美しい。
制作の二木寸志さんが、中身のレイアウトも華麗に仕上げてくださった。

電子書籍はお手軽でいいが、紙の本の手触りはまた格別である。
形あるものへの愛着というのは、人をしあわせにしてくれる気がする。

それぞれ一冊650円。
お手に取っていただければ幸いである。


『水の神殿』
http://pl-fs.kir.jp/pc/book/saeki/mizu/index.htm

『一ヶ崎 小暮医院』
http://pl-fs.kir.jp/pc/book/saeki/kogure/index.htm

PageTop

『一ヶ崎 小暮医院』発売

昨日、『一ヶ崎 小暮医院』が発売になった。
『カルテ通信』67号に掲載された、医療ものである。

雪の日に小暮医院の前に捨てられていた赤ん坊・早雪(さゆき)をめぐる物語なのだが、今回、暗黒少女絵画で絶大な人気を誇る古川沙織さんが、表紙絵を描きおろしてくださった!
本当に夢のようなお話で、制作の二木さんが、これをまた素敵に耽美なものに仕上げてくださった。
もう表紙だけでも一見の価値がある、という小説である。

難病を背負った少女に恋する少年。
それをあたたかく見守る、少女の義父であり医者でもある、少年の伯父。

さわやかな青春恋愛ものかと思われた物語は、次第に闇の匂いをまとい始める。
少女の治療シーンを目撃するたびに、禁断の快楽に目覚めてゆく少年。
治療の苦痛に耐える少女の姿は、少年をどうしようもなく高ぶらせる。


依頼を受けてからすぐにストーリーが浮かび、一気に書き上げた作品。
表紙の美しさともども、おたのしみいただければと思う。



PageTop

『ドレイになんかならないもん!』発売中

女性のためのSM雑誌『イシスの裏庭』に「やさぐれ M night」(立森あずみ)として掲載した作品を、「ドレイになんかならないもん!」と改題して、今回発売した。

めちゃくちゃカッコいいワイルドなカメラマン畝亮三(うねびりょうぞう)と、美人で仕事ができる川島渚子(かわしまなぎこ)のラブストーリー。
コメディーでありつつも、女性の切なさを随所にちりばめた。

意地っ張りな渚子は私のお気に入りで、もっとも好きな作品の一つでもある。
今後も書き継ぎたいと思って、シリーズものにした。

今月お亡くなりになった濡木痴夢男先生の評を、紹介文やあとがきに引用させていただいた。
先生に褒めていただいたことが、とても嬉しかったことを思い出す。
様々な意味で、忘れがたい作品になった。



PageTop

『アニスタ神殿記』2、3発売中

『アニスタ神殿記3』が今朝発売になり、これでKindle電子版の「アニスタ」は完結した。
8/14日発売の『アニスタ神殿記2』と合わせてご覧いただければと思う。

物語自体は「2」で一応の結末を迎えているのだが、「3」ではその後日談としてさらなる秘密を明かしている。
これだけ多彩な拷問を考えつける作家は、そう居まいと自負しつつも、「じゃあ、それだけ拷問ばっかり書く事になんの意味があるの?」という問いが浮かび、後半やや悶々としながら書いた作品であるw

拷問を描く意味はちゃんとあった。
書き終えて、それに気づいた。
そして、それを「あとがき」〜M女性はなぜ拷問を望むか〜に、全力でぶつけた。
もしかしたら、本編よりも「あとがき」のほうが重要かもしれないw

『アニスタ神殿記3』は、女性神人サフォルミアによる、神殿児責めがメインになっている。
ハードプレイ好きのM男性には、ことに楽しんでいただけるのではないかと思っている。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。