佐伯香也子のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『アニスタ神殿記』2、3発売中

『アニスタ神殿記3』が今朝発売になり、これでKindle電子版の「アニスタ」は完結した。
8/14日発売の『アニスタ神殿記2』と合わせてご覧いただければと思う。

物語自体は「2」で一応の結末を迎えているのだが、「3」ではその後日談としてさらなる秘密を明かしている。
これだけ多彩な拷問を考えつける作家は、そう居まいと自負しつつも、「じゃあ、それだけ拷問ばっかり書く事になんの意味があるの?」という問いが浮かび、後半やや悶々としながら書いた作品であるw

拷問を描く意味はちゃんとあった。
書き終えて、それに気づいた。
そして、それを「あとがき」〜M女性はなぜ拷問を望むか〜に、全力でぶつけた。
もしかしたら、本編よりも「あとがき」のほうが重要かもしれないw

『アニスタ神殿記3』は、女性神人サフォルミアによる、神殿児責めがメインになっている。
ハードプレイ好きのM男性には、ことに楽しんでいただけるのではないかと思っている。




スポンサーサイト

PageTop

『官能俳句集<水の神殿>』発売中

私にとって初の句集である『官能俳句集<水の神殿>』が、ただいま発売中である。
一部の句は、このブログでも紹介している。

銀化同人のひらのこぼ氏(「俳句100の発想法」シリーズなどの著者)のご指導を、区が溜まったときにだけ受けるという気まぐれ弟子なのだが、句歴は7〜8年になるだろうか。

ある事象を示す言葉の中から、どの言葉とどの言葉を持ってきたらもっとも本質を言い表すことができるのかという真剣勝負が俳句である。
うまく決まったときの快感が忘れられず、時々無性に詠みたくなる。

SM作家・佐伯香也子の別な一面として、ご高覧いただければと思う。

表紙に素敵な絵を提供してくださった日本画家・桑原聖美さんのブログはこちら。
http://satomikuwahara.blog.fc2.com/tb.php/7-5c5fdfa3






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。