佐伯香也子のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「男」と「女」のセクシュアリティー

 以前から、男性の書くポルノ小説には違和感があって楽しめなかった。
 ひと言で言えば、登場する女性にあまりリアリティーがないからである。
 男性のためのファンタジーなので、とやかく言うつもりはないのだが、では女性にとって気持ちよく読めるポルノとはどういうものか。それを、ちょっと語ってみたい。
 
 社会学者・守如子(もりなおこ)氏の『女はポルノを読む』という本がある。男性向け・女性向け双方のポルノグラフィーを詳しく比較し、論じた興味深い本であるが、その中におよそ次のようなことが書いてあった。

 
「女性には慣習的に性欲はないとされてきたため、女性は自分から性行為をしたいということができない。しかし、本来的には性行為をしたいと思っていて、それは気持ちいいはずのものである。したがって、女性は性行為をすることによって満足するはずだ、という伝統的な<お約束>が、男性向けのポルノにはある」
 

だから、女はどんなひどい状況でレイプされても感じてしまい、嫌がっていてもそれは振りだけで、本当は喜んでいるというストーリーが量産される。

ひどいのになると、つれなくした女性に思い知らせるために複数で性暴力をふるい、それでも次第に感じてきてしまう女性を描いて、
「お高くとまっていたって、結局はこれが好きなだけの雌豚じゃねえか。
 お前なんか、俺たちの性欲処理便器なんだよ」
というようなセリフを主人公の男に言わせて、徹底的に女性を貶める。

また、それが女性の真実であると思っている男性は、『マニア倶楽部』などを読むと、とても多い。


 女性向けのポルノの場合、上記の「お約束」のようにはっきりしたものはない。
 ただ、どんなに過激な状況が起きようと(女性だってハードなものが好きな人は多い)、それは男性が女性を熱烈に愛しているからであるという説明が必ずされる。
「愛」までいかなくても、「執着」あるいは「つよい関心」があり、「この女でなければならない」という必然性が、そこには常に存在している。

 恨みや優越感のために女性を貶めるというストーリーでは、当たり前の事だが、女性はまったく感情移入できないし、恐怖や不快感を覚えるだけだからである。

 男性の性幻想が「どんな聖女でもレイプされたがっている」というものだとすれば、女性のそれは「男性に過剰なほど愛される」ことだと言ってもいい。

 男性向けのポルノに、男女の心の交流が描かれることが少ないのは、この「お約束」があるためで、性交に持ち込むために「愛」を必要としないからであろう。

 男性にとって女性は、つねに男の欲情に応える性的対象物であり、嫌がっているように見えても事が終れば必ず満足するはずという共通幻想があるから、登場する男たちに罪悪感はない。
 もしかしたら、自分は下手で、相手は満足できなかったかもしれないという反省もないw

 そこが、女性としてはなんともやりきれない部分なのである。

女はいつでも男を待ち構えているわけではない。
もちろん、女性にも「とにかくしたい!」と思う時はある。
だが、そういう場合でさえ、見知らぬ男にただ凌辱されるという状況では悦べない。
たとえ行きずりであっても、「素敵なオス」だと思えない相手とはしたくないのである。

「穴さえあればなんでもいい」という男性とは、そこが大きく違う。

 ある女装子さんが、男にとって女性というのは、<好みのタイプ(恋愛対象)> <穴だけタイプ(性欲処理対象)> <愛するタイプ(結婚対象)>の3種類に分けられるということを書いていらっしゃった。
 括弧内は私の解釈だが、たぶんそういう事だと思う。

 つまり、男性にも「心と心が溶け合うような至高の愛のセックス」をしたいと思う時はあるようなのだが、伝統的なポルノグラフィーに取り上げられるのは、<穴だけ>の場合が多いように思う。

 女性の心理を読み取るのが苦手な男性にとって、面倒な感情のやりとりのない「穴」と「棒」だけの関係は、読んでいて楽であり、一番望ましいのだろう。
 
 ただ、守氏によれば、それにちょっと異を唱えたのが'80年代に登場した「美少女コミック」(作者はほとんど男性)で、性愛対象となる可愛い女の子の心理が比較的細かく描かれ、性交の動機付けに「愛」が持ち込まれる。
 <好みのタイプ>との恋愛込みの性交が、男性ポルノにおいても重用視されるようになってきたということなのかもしれない。

 しかし、その女の子の心理自体、伝統的な「お約束」から自由なわけではなく、現実の女性からはかけ離れている。
 だから、あくまでも男性の性幻想の域をでない「愛」なのだが。


どんなにひどい扱いをうけようと、それが「愛」ゆえならば、女性は許せるし快感を得ることもできる。
「聖女」が「便器」に変わるためには、相手の「愛」が必要なのであって、どんな条件下でもそうなるわけではない。

 この「愛」の部分がすっぽりと抜け落ちた男性ポルノの「お約束」は女性を傷つけるだけなのだが、そのことを本当に理解している男性はどのくらいいるのだろう。

「嫌なら女は読むな」という話なので、ここで指摘してみても、現在のエロ本事情が変わるわけではないのだが、せめて現実の女性までそうだとは思わないで欲しいというのが、私を含めた女性達の願いである。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。