佐伯香也子のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『アニスタ神殿記1』発売中

このKindle版『アニスタ神殿記1』は、三和出版『秘性』第3号から第7号までに連載されたものうち、3〜4号掲載の第一章を電子化したものである。


<あらすじ>

天空に浮かぶ巨大な島であるアニスタは、三十三人の神人(しんじん)によって守られる、閉ざされた世界だった。
農業と牧畜で暮らす素朴な人々の関心事は、毎年神人たちに捧げられる五人の神殿女の昇殿式。
今年もまた、イレナ、サレー、カリュ、ネイア、エトレという美しい乙女達が選ばれた。

しかし、神に奉仕しつつ、しあわせに暮らすものと思われていた神殿女を待っていたのは、想像を絶する拷問の日々だった。
神人たちのつくり出す気味の悪い生き物・獣人(じゅうじん)や、残酷な責め具によって、ボロボロにされる乙女たち。
それを再生医と呼ばれる医師達が元の身体にもどし、翌日もまたくり返される激しい責めと快楽。

なぜ、神殿女達は拷問されなければならないのか。
なぜ、アニスタは閉ざされているのか。
次第にあきらかになるアニスタの秘密!
濃い霧に包まれた世界で繰り広げられる、被虐と快楽の行き着く果てを描いた、壮大なSMファンタジー!

--------------------------------

この物語は、最初から最後まで責めが続く。そればっかりだと言ってもよい。
だが、どうか、既存のSM小説的解釈をしないでいただきたい。
それはほとんどの場合、男性原理で書かれた男性のためのものだからである。
それを一旦忘れて、できれば普通の文学として読んでみていただきたい。

文学として読むには文章が荒いとか、ストーリーが殺伐としているとか、色々ご意見はあると思う。
しかしこの作品は、圧倒的な分量の「責め」の向こう側にあるもの、男性には見えないものを見据えて描いた物語である。
M女性にとって、SMとは何を意味するのかを追求した、実験的小説である。
私は、女性として、作家として、いつもそこを目指して書いている。
そのことをご理解いただけるならば、 これにすぐる幸いはない。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。