佐伯香也子のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

官能小説でやりたいこと

1966年に23歳で 芥川賞を受賞なさった丸山健二氏は、以来ずっと、いわゆる文壇とは一線を画し、現在も力のみなぎった作品を発表し続けていらっしゃる。
その丸山氏が昨年(2013年)、眞人堂とともに「丸山健二文学賞」というものを創設なさった。
権威臭をいっさい排除した、文学という素晴らしい芸術のための新しい鉱脈を発掘しようとする真剣勝負の文学賞である。

http://shinjindo.jp/contents/maruyama_award.html

「丸山健二文学賞宣言2013」には手厳しい言葉がたくさん並んでいる。
いや、そればっかりと言ってもいいw
しかし、何度もうなずいてしまうほど説得力がある。
一部を抜粋してみる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そもそも文学という行為は、人間という特殊な存在が複雑怪奇な生き物であることから発生し、際限なく派生する無限の感動を言葉のみに頼って捉えるという、極めて難しく、しかも極めて地味なことである。
 その反面、他のあらゆる芸術と比較しても申し分のないほど奥深い世界であり、そしてこれ以上は望めないほど人間的な営みであって、数千年を経ても、まだ入り口の段階をさまよっている程度の進化と深化なのだ。
 つまり、しっかりと本腰を入れて、身震いを禁じえないほど真剣に没頭するだけの価値が充分過ぎるほどあるということなのだが、しかし、現実はどうかというと、甚だ残念ながら、ほとんど先へ進んでいないどころか、逆行しているという体たらく。
(中略)
かつて、「文学なんて、所詮は女子どものおもちゃにすぎない」などという差別的な評価を浴びせられることも、確かにあるにはあった。だが、そう揶揄されても仕方がないというか、ぐうの音も出ない状況にあることは否むに否めない事実なのだ。
 一理も二理もあるそうした手厳しい非難は、劣等意識の裏返しであることが見え見えのナルシシズムなど相手にせず、もっともっと上等な、人生にも精神にも深い感銘と影響を与えてくれるような、自立したおとなのレベルの高い読み手の眼力に耐え得るような、そんな作品があってもいいのではないかという、悲痛な叫びであった・・・
(中略)
文学そのものまで死んでしまったわけではない。
 本物の文学はそんなやわなものでは断じてない。まだ手つかずの文学の鉱脈が無限に残されていて、才能があってやる気のある、まだ見ぬ書き手の前にどっしりと横たわり、掘れるものなら掘ってみろと挑発しつづけているのだ。
 これまでの文学は、だらしのない生き方を好み、そのなかにこそ芸術的なる核が潜んでいると信じこむ自分を唯一の売り物にしながら、また、あまりにも夢見がちな、恋愛の実体験に恵まれない女たちと、そうした女に限りない近い、恋愛至上主義に毒された男たちの黄色い声援に煽られながら、素手で簡単に掘れるところを掘ってきただけなのだ。
 そして、そこは掘り尽くされた。
 ところが、これまでのビー玉やビーズ細工のごとき代物などとは格が違う、めくるめく本物の宝石を眠らせている鉱脈が、いたるところで、これまでの書き手とは性質も才能もまったく異なるタイプの、要するに、安っぽい情緒のみの海にけっして溺れない、人間と人間を取り巻く環境を果敢に見極め、本気で挑む書き手の登場を待っているのだ。
(中略)
ちなみに、言葉の発信者としての自身の腕が現在どのレベルに達しているのかを、さらには、ナルシシズムに溺れることなく人間という存在の核心のどこまで肉薄しているかを、客観的に認識し、正しく把握している書き手こそが真の才能の持ち主である。
(中略)
文章の恐ろしさは、真剣に書けば書くほど当人の性根がそっくり出てしまい、隠しおおせない点にある。
 よしんば駄目な人間を描くにしても、駄目な人間であっては描けないのだ。このことをくれぐれも忘れないでほしい。

 小説家にはあるまじき、かなり柄の悪いもうひとりの私が、先ほどからさかんにこんな言葉を発している。

「さあ、かかってこいや!」

丸山健二
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


官能小説は、通常「文学」には入れてもらってないが、丸山氏が述べられている停滞または下降の現状はそっくりそのまま当てはまるように思う。
「女子供のおもちゃ」ではなく「男のオカズ」である官能小説も、やはりこれまでの鉱脈は掘り尽くされていると言っていいのではないだろうか。

「めくるめく本物の宝石を眠らせている鉱脈」ならぬ「めくるめく本物の官能を眠らせている鉱脈」につるはしの先を深く食い込ませ、渾身の力を込めてきらめく真の快楽を掘り起こしたい。
そうすれば「男のオカズ」に留まらない、女性にも共感していただける悦楽を描き出すことができるのではないかと、新人ながらも思っているのだ。

だから、読者からいただいた、「久しぶりに最初から最後まで興奮、そして考えさせられました。そんなことを感じたことは今までのSM小説では正直ありませんでした」「ほんとうに、久しぶりに、脳みそが、『ドクン・ドクン』と、腫れるような感覚になる小説に出会ってしまったので、報告したくなりました」「甘美な拷問での描写が妄想をかき立てられ、それはそれは大変なことに(笑) 終わり方が、ああなんかわかるなぁと・・・(女性)」等のお言葉は、本当にうれしかった!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。